トップページ » 当社について » HACCPコンセプト

HACCPコンセプト

ティーカンネ社は数年前、1993年6月14日制定の食品衛生に関するEU指令93/43/EEC号および1997年8月5日制定のドイツ食品衛生令に対応するため、HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point、重点管理項目ハザード分析)コンセプトを既存の品質管理システムに取り入れました。今までに、すべての主要プロセスに対してHACCPを実施しています。この調査は、プロセスシーケンスの中で製品の品質に影響する項目を特定し、それが品質低下につながらないようにするために設計されています。必要なところには予防策を導入し、社内および社外の監査でこれらの対策が現場で実際に反映されていることを確認します。