価値観

当社の中核となっているのは人です。それは一世紀以上の長きにわたって真実であり続けています。この間、テーカンネグループの社員は明確な理想を持って生活し、働いてきました。私たちは、世の中と製茶業界がこれからも変化し続けていくであろうことを認識していますが、この理想を追い求める姿勢は、これからも当社の成長に大きく貢献するでしょう。

  • 最善を尽くす
    私たちは毎日、最善を尽くすことを心がけ、自らを持続的に成長させようとしています。このプロセスの中心に位置づけられているのは、消費者です。目標を原動力として、創造的で先を見越した行動が当社の成功の基盤です。

  • 自立性
    人に依存せず自分の責任で考え行動する。それがテーカンネ社の社員です。したがって、本質的に当社の成長に寄与しているのは、社員の一人一人です。

  • 協働関係
    テーカンネは、一つのチームです。私たちは、消費者重視の姿勢で社内あるいは社外のパートナーと仕事をしています。仕事の中で私たちは、率直に話し合い、相手の立場を尊重し、信頼関係を築いています。

  • 社会責任
    当社は持続可能性を考えて事業活動を行っています。その中で経済、環境および社会問題のどの分野にも均等に比重をかけています。

  • ブランドアイデンティティー
    私たちは、TEEKANNEおよびPOMPADOURというブランドの重要性と市場価値の大きさを自覚しています。そして、自分たちがこれらのブランドであると認識し、毎日の生活にブランドの価値観を反映させつつ、ブランドの重要性を高めるために努力しています。